結婚相談所を選ぶ時のポイント

サービスの違いをチェック


結婚相談所への入会を検討する場合は、どういったサービスを利用することができるのか、といった点を把握してから選ぶことが大切です。仲人型の結婚相談所では、カウンセラーが入会者の希望を聞き取り、相手を選んで紹介するといったサービスが提供されています。データマッチング型の相談所の場合、入会者が自分自身でデータベースを確認して条件の合う相手を選ぶのが一般的です。データベースによるマッチングとカウンセラーによる紹介の、両方に対応している複合タイプの結婚相談所もあります。どの結婚相談所を選ぶかによって、実際にお見合いへと進むまでの道筋が異なっているのです。どういったサービスを利用したいのか、といった点を考えてから選択をすると良いでしょう。

料金システムを比較して選ぶ


料金システムの違いから、結婚相談所を比較してみることも大切です。通常、結婚相談所の利用には入会金と月会費、システム利用料といった費用がかかります。相談所によって大きく異なるのは、成婚料が発生するかどうか、という点です。成婚料とは、入会者が結婚相談所のサービスを利用して結婚に至った場合に発生する料金のことを指しています。成婚料がない場合、費用の負担が小さくなるというメリットがあるでしょう。コストの面ではややマイナスといえますが、成婚料のシステムがあることによって、結婚相談所側がより積極的に成婚をサポートしてくれることが期待できます。お見合い料金や活動費用なども、結婚相談所によって違っていますので、よく比較をしてみましょう。